犬の盗み食い!どうにかならないの?

犬の盗み食い!どうにかならないの?

犬の盗み食い!どうにかならないの?

 

うちのバタピーは盗み食いは一切しません。

はじめからそうかといえば、子犬のころはもうしょっちゅうでした。

テーブルに乗っている食べ物を両足で立ち上がって口にパクっと。

そのたびに天罰を下しました。( ´∀` )

そのおかげで、今はもうしなくなりましたが…。

では、なぜ盗み食いってしてしまうんでしょうか?



大切な愛犬の歯を守るペット用補助食品【わんサプリ】

犬の盗み食いのリスクについて

中毒を起こす食べ物を食べてしまう
玉ねぎやニラ、にんにく、チョコレートなどは有名ですね。また、最近はブドウやキシリトールなども危険な食物として周知されています。
どの成分をどの程度摂取したら危険なのかを知るよりも、決して食べさせない様に気を配る方が大切なワンコを危険から守る為には有効な手段ではないでしょうか。
噛み砕いた骨が刺さる
肉そのものに問題はなくても、鶏の骨は喉や食道など内臓を傷つける事があります。
塩分、カロリーが高すぎる
人間にとっては微量だとしても、体の小さなワンコにとっては大量に摂取した事になります。大量の塩分や高カロリーな食べ物を頻繁に摂取する事が体に良くない事は人間もワンコも同じです。



大切な愛犬の歯を守るペット用補助食品【わんサプリ】

犬の盗み食いをさせないためには?

犬の目の前であなたが食べ物を見せない・食べない・用意しない。

これに尽きます。

犬って人の行動を真似する、というような話があるのを知っていますか?
海外の研究で犬は人を観察し、行動を真似、感情を共有することができるという研究結果があるんです。

つまり、あなたの愛犬はあなたが食べている物を食べて、真似をしたい欲求を抱えているんですね。
この「真似をしたい」という犬の欲求を抑える・無くすには、あなたが犬の前で食べ物を食べないようにするしかありません。

犬はあなたにとって飼い主であると共に、群れのリーダーでもあります。
かつての群れのリーダーは一番最初に自分が食事をし、次に下の同族たちに食べさせるのが普通でした。
この昔の習性が今も残り、犬はあなたの食べ物を自分も食べられる物である、と犬はついつい勘違いしてしまうのです。

 

それでも行われる盗み食いをされる場合には
盗み食いに困っているということは、あなたは犬を室内で飼っているのだと思います。
室内飼いであるならば、盗み食いの対策はたった1つしかありません。



大切な愛犬の歯を守るペット用補助食品【わんサプリ】

犬をゲージに入れること、です。

 

食事を隔離することで、人間と犬は違うということを身に沁みさせるのが一番。
犬は家族である、というように言われて久しいですが、食事などの場面では人間優先を作るべきなのです。

犬と人間の食事を別々にする時は、できれば離れた場所のほうがいいでしょう。
室内なので難しいと思いますが、犬は「匂い」に非常に敏感で、食事も視覚・味覚以上に嗅覚で反応します。

私達が食べている食事の匂いが犬のところへ流れていくと、流れた匂いに釣られてしまう危険があります。
可能であれば匂いが届かない場所で食事をし、あなたの食事が終わったら犬の食事を与えてあげましょう。

強く叱ってもいいが、暴力的な手段はNG
しつけと称して、犬に対して暴力を働くのはNG行為。
犬のことを第一に考えているあなたであれば、知っているとは思いますが、暴力には暴力で犬は返してきます。

あなたが殴る、蹴る、叩くをすれば、犬も負けじと噛み付きで仕返してくるでしょう。
私達が人に行う場合、手加減が可能ですが犬はマジでやってきます。

下手すれば大怪我をして、手や足などを縫うことにもなりかねません。
犬は言葉をしゃべれないので意思疎通ができないために、イラッとする時があるのは分かります。
でも、後々のことを考えたら絶対に手を出さないようにしてくださいね。



大切な愛犬の歯を守るペット用補助食品【わんサプリ】

犬の食べ物をわざと苦味や酸味の強いモノにすり替えるのはアリ?

犬の体に問題を起こさない苦味・酸味の強い食べ物であれば、1つの手として使うのもあり、かな。
という感じですね。

じゃあ、なんで苦味や酸味の強いものかって言うと、犬は「食べられる」か「食べられない」という判断しかしません。
例えば、私はピーマンは好んで食べられましたが、トマトはえぐみがダメで苦手としていました。
このように子供の頃に苦手とする「苦い」とか「酸っぱい」という感覚は、体に悪い物であるっていう無意識の反応なのです。

犬も私たちが苦手とした「苦い」と「酸っぱい」は天敵なんですよ。
なぜなら、食べてしまったら自分自身の体に不調をきたす恐れがあるから。

「苦い・酸っぱい」ものを食べて食中毒にでもなれば、昔の犬は自分の治癒能力で完治を目指すしかありませんでした。
つまり、変な食べ物を食べただけで、下手したら昔の犬は死ぬ可能性があったんですよね。

この「死ぬ可能性」を現代の生活の中でも呼び戻せば、犬は自然と盗み食いをしようとしなくなるでしょう。
ただし、両刃の剣でもありますので、積極的に利用したい方法ではありませんね。



大切な愛犬の歯を守るペット用補助食品【わんサプリ】

盗み食いについてのまとめ

 

人間の食べ物を見せない・置かない・あなたが食べない
盗み食いの簡単な対策は、ゲージに入れて出さないこと
強く叱る場合は叩く・蹴る・殴るなどの暴力行為をしない
最終手段は犬に毒にならない苦味・酸味の強い食べ物を罠にして置いておく

最後となりますが、あなたの愛犬が1歳に満たないパピーである場合は、多少は諦めも肝心です。
パピーの頃から厳しくしつけるべきなのですが、完全に制御するのは難しいこともある。
というのは、覚えておいてください。



大切な愛犬の歯を守るペット用補助食品【わんサプリ】


1歳を超えた成犬であれば、厳しくガンガン叱りましょう。
それが、あなたにとっても、飼われている愛犬のためでもありますからね。



大切な愛犬の歯を守るペット用補助食品【わんサプリ】

Author: naomi

naomi
日常のいろんなことに興味をもって生き生きと生活したい! 何気ない毎日に笑顔をプラスできますように…。

Leave a Comment

All fields are required. Your email address will not be published.